2008年05月26日

カルティエ、世界に先駆け日本でネット販売

ブランド・カルティエ(Cartier)は2008年6月末までにオンラインショップ『eブティック』を、世界に先駆け日本で開始すると発表した。
 「サービスインの第一号として日本を選んだのは、消費者の質の高さと成熟した市場が最適だったから。日本は人口の約7割がインターネットを使いこなす“ネット王国”のひとつであり、オンラインショッピングをはじめとする斬新なアイデアが広く受け入れられる土壌。


女性にとってショッピング自体、いろいろ品物を眺め考えて買うのが好きだからオンラインで買ってしまうとショッピングの楽しさが半減するのでは。
オンラインショッピングの一番のメリットは安いこと。
しかしカルティエの直販だし信頼性はあるからそこそこいけそうですね!




posted by 天津 at 22:25 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

創業者、約60億円の保有株式を社員に贈与

セブン&アイ・ホールディングス(Seven and i Holdings)の創業者、伊藤雅俊(Masatoshi Ito)名誉会長が、個人で保有する同社株式のうち約60億円相当分を社員に贈与する意向であることが明らかになった。伊藤氏が84歳の誕生日を迎えた30日、同社が明らかにした。

こういう人もいるんですね〜。
年を経ると自分が社会に何ができたかを考えるようになるといいます。
自分自身社会に、少なくとも自分の周りの人に、何かできるような人になりたいと伊藤名誉会長のようになりたいものです。


posted by 天津 at 21:11 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

ファンドを擁護してきたアメリカがファンドの餌食になる

原油価格高騰の影響で、約30年ぶりに車両の走行距離が減少した。
 米連邦道路管理局がこのほど公表した調査によると、今年1月の走行距離は前年同月比1.7%減少した。これは微々たる数字かもしれないが、全米の自動車台数が年平均で2%ずつ増え続けている現状では、今回の減少は大きな意味を持つ。

原油価格の高騰は米ドル下落の悪影響も相乗してアメリカにとっては深刻な事象。
原油価格は金価格、ユーロに対しては下落は起こっていない。
最近の原油価格の高騰はマネーゲームのおもちゃになっていることが一番の原因。
米不動産市況を見ても米ドルの下落は続くと思う。
ファンドを擁護してきたアメリカがファンドの餌食になるのはいい気味だ。




posted by 天津 at 22:49| Comment(1) | TrackBack(0) | ファンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

【図解】原油の割合

この図を見て改めて思うことは原油が全ての原料であるという事実。
トウモロコシや小麦を作るにしても化学肥料は原油から作られるし。
地球上のほとんどの製品は原油なしには作ることができない。

そしてガソリン、ディーゼル燃料、ジェット燃料など輸送に占める原料としての割合がとても大きいということ。
原油だけど8割ほどもある!(◎o◎)


posted by 天津 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 原油 金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

シティ 41兆資産売却! まだ不良債権あり??

シティグループ(Citigroup)は9日、今後2、3年で約4000億ドル(約41兆2000億円)の資産を売却する方針を発表した。シティはサブプライムローン問題で米国で最悪の損失を被っている。
 9日の投資家・アナリスト説明会で明らかにした。この時の資料はグループのウェブサイトで公表されている。
 シティによると売却対象のうち個人向け金融が63%、証券・銀行部門が34%だという。40億ドルはグループの総資産2兆2000億ドル(約226兆円)の約2割に相当する。

41兆円!!!
41兆となると何年も売却にはかかるしこれがサブプライムの影響を物語っていると思う。
この資産売却はいったい何のために?
隠し貸倒がまだまだあるのか??
資産売却となるとROAが好転するし財務内容が良くなるのを狙った売却と発表しているらしいけど、不良債権がまだまだあるのが本音と思っています。。





posted by 天津 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

フィアット帝国に若干32歳の皇帝誕生

元名誉会長の実の孫で、現在副社長を務めるジョン・エルカン(John Elkann)氏が、祖父の築いた「フィアット帝国」を受け継ぐのだ。
 アニェッリ一族は「イタリアのケネディ家」として知られる。御曹司のエルカン氏は、80億ユーロ(約1兆3000億円)相当の金融資産を運用する持ち株会社IFILを、アニェッリ一族の側近ジャンルイジ・ガベッティ(Gianluigi Gabetti)氏(83)から引き継ぐ。


フィアットというと自動車が有名ですが、イタリアでは鉛筆からミサイルまで作っている三菱のような大企業。
その大企業を32歳の孫が継ぐのは正直すごい。
32歳が率いる企業が今後どのようになるか楽しみです。




posted by 天津 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

ブラジル、エネルギー源はサトウキビ燃料が第2位に

 サトウキビ由来燃料がエネルギー源に占める割合は前年の14.5%から16%に上昇した。一方、水力発電による電力の割合は前年とほぼ同じ14.7%だった。
 最大のエネルギー源は依然として石油で、その割合は36%となっている。
 国営エネルギー関連調査会社Energy Research CompanyのMauricio Tommasquin氏は記者会見で「2007年は(エネルギー業界にとって)歴史的な年となった。この趨勢(すうせい)を元に戻すことはできない」と語った。

となると食料高騰も時代の趨勢であり元に戻すことはできないことになりますね。。
 ブラジルは世界的にもエタノール燃料の推進が進んでいる国だけあって、第二位のエネルギー源がサトウキビとはすごい。

posted by 天津 at 01:18 | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。