2008年06月13日

単なる粉飾詐欺師だった堀江モン

「堀江前社長の『大きな夢』に勇気づけられた。ためたお金でライブドア株を購入して今でも持ち続けている」。手紙にはそう書かれていたという。

 その後、小坂裁判長は「被告を有罪とするが、被告のこれまでの生き方をすべて否定したわけではない。罪を償い、その能力を生かし、再出発を期待している」と述べた。

 検察側は前年12月に懲役4年を求刑したが、堀江被告は一貫して無罪を主張してきた。これは、有罪判決が出る確率が100%に近い日本では珍しいこととされる。同事件で起訴されたライブドア元幹部4人は、すでに自身の公判で起訴事実を大筋で認めている。



堀江モンの夢に同調し、支援した人。。
一番上のコメントは痛い。痛すぎる。。

ライブドアは所詮、詐欺集団でしかなかった。
粉飾決算による詐欺集団。

問題解決の第一歩は客観的な現状把握。
早く騙されていたのに気付いて欲しい。。




posted by 天津 at 19:59 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100417966

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。