2008年05月12日

フィアット帝国に若干32歳の皇帝誕生

元名誉会長の実の孫で、現在副社長を務めるジョン・エルカン(John Elkann)氏が、祖父の築いた「フィアット帝国」を受け継ぐのだ。
 アニェッリ一族は「イタリアのケネディ家」として知られる。御曹司のエルカン氏は、80億ユーロ(約1兆3000億円)相当の金融資産を運用する持ち株会社IFILを、アニェッリ一族の側近ジャンルイジ・ガベッティ(Gianluigi Gabetti)氏(83)から引き継ぐ。


フィアットというと自動車が有名ですが、イタリアでは鉛筆からミサイルまで作っている三菱のような大企業。
その大企業を32歳の孫が継ぐのは正直すごい。
32歳が率いる企業が今後どのようになるか楽しみです。




posted by 天津 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96496111

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。