2008年06月04日

国際貢献のチャンス

日本の主食であるコメは第2次大戦後は不足したが、農業技術の進歩によって世界生産が増えるにつれ、日本政府は国内の農業保護のために輸入障壁を設けるようになった。しかし、米国など主要貿易国の圧力により政府は93年、最低量のコメ輸入を譲歩し、現在は年間約77万トンを輸入している。


日本が社会貢献できるチャンスですね。
ただでさえ誰も食べずに古くなっていく米だから、ここは困っている国々に供給すべきだと思います。



posted by 天津 at 21:19 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99371554

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。