2008年06月08日

ヒラリーが副大統領であれば大統領選で協力タッグに

ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)上院議員は7日、正式に撤退を表明し、米国史上初の女性大統領を目指した歴史的な選挙戦に別れを告げた。同時に、候補指名を確実にしたバラク・オバマ(Barack Obama)上院議員を「気品、そして気骨のある人物」とたたえ、今後同議員を全面的に支持することを表明した。
 一時は勝利が確実視されていたクリントン氏は、ワシントンD.C.(Washington D.C.)のナショナル・ビルディング博物館(National Building Museum)で行われた集会で、夫のビル・クリントン(Bill Clinton)前大統領と娘のチェルシー(Chelsea Clinton)さんが見守る中、2000人の熱狂的な支持者を前に撤退演説を行った。


オバマとヒラリーは今回の件で、メディアでの注目度は充分過ぎる位だった。
宣伝効果抜群。
ヒラリーが副大統領であれば大統領選でこれ以上ないタッグが生まれる。




posted by 天津 at 08:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99795406

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。