2008年06月13日

単なる粉飾詐欺師だった堀江モン

「堀江前社長の『大きな夢』に勇気づけられた。ためたお金でライブドア株を購入して今でも持ち続けている」。手紙にはそう書かれていたという。

 その後、小坂裁判長は「被告を有罪とするが、被告のこれまでの生き方をすべて否定したわけではない。罪を償い、その能力を生かし、再出発を期待している」と述べた。

 検察側は前年12月に懲役4年を求刑したが、堀江被告は一貫して無罪を主張してきた。これは、有罪判決が出る確率が100%に近い日本では珍しいこととされる。同事件で起訴されたライブドア元幹部4人は、すでに自身の公判で起訴事実を大筋で認めている。



堀江モンの夢に同調し、支援した人。。
一番上のコメントは痛い。痛すぎる。。

ライブドアは所詮、詐欺集団でしかなかった。
粉飾決算による詐欺集団。

問題解決の第一歩は客観的な現状把握。
早く騙されていたのに気付いて欲しい。。




posted by 天津 at 19:59 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

国際貢献のチャンス

日本の主食であるコメは第2次大戦後は不足したが、農業技術の進歩によって世界生産が増えるにつれ、日本政府は国内の農業保護のために輸入障壁を設けるようになった。しかし、米国など主要貿易国の圧力により政府は93年、最低量のコメ輸入を譲歩し、現在は年間約77万トンを輸入している。


日本が社会貢献できるチャンスですね。
ただでさえ誰も食べずに古くなっていく米だから、ここは困っている国々に供給すべきだと思います。



posted by 天津 at 21:19 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

カルティエ、世界に先駆け日本でネット販売

ブランド・カルティエ(Cartier)は2008年6月末までにオンラインショップ『eブティック』を、世界に先駆け日本で開始すると発表した。
 「サービスインの第一号として日本を選んだのは、消費者の質の高さと成熟した市場が最適だったから。日本は人口の約7割がインターネットを使いこなす“ネット王国”のひとつであり、オンラインショッピングをはじめとする斬新なアイデアが広く受け入れられる土壌。


女性にとってショッピング自体、いろいろ品物を眺め考えて買うのが好きだからオンラインで買ってしまうとショッピングの楽しさが半減するのでは。
オンラインショッピングの一番のメリットは安いこと。
しかしカルティエの直販だし信頼性はあるからそこそこいけそうですね!




posted by 天津 at 22:25 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

創業者、約60億円の保有株式を社員に贈与

セブン&アイ・ホールディングス(Seven and i Holdings)の創業者、伊藤雅俊(Masatoshi Ito)名誉会長が、個人で保有する同社株式のうち約60億円相当分を社員に贈与する意向であることが明らかになった。伊藤氏が84歳の誕生日を迎えた30日、同社が明らかにした。

こういう人もいるんですね〜。
年を経ると自分が社会に何ができたかを考えるようになるといいます。
自分自身社会に、少なくとも自分の周りの人に、何かできるような人になりたいと伊藤名誉会長のようになりたいものです。


posted by 天津 at 21:11 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。